ブログでウェイウェイ

ヒガシーサーのブログ塾

work

マインドセット

ストック記事を増やすプロブロガーとフロー記事を書く一般ブロガーの違いは?

更新日:

ストック記事とフロー記事ってちゃんと分けてる?

はいさい。ヒガシーサーです。今日はブログを収益化するためにとっても大切なことをお話しします。というより、ブログはストック記事とフロー記事を分けて作るのは当たり前。まずはストック記事とフロー記事の概念をお話しします。

※ちなみにコレは一般的な考え方ではなく、ヒガシーサー個人が経験の中で得てきたことを言語化しています。なので分りにくい点や「んん?これは違うんじゃないの?」という点があれば、ぜひ教えてくださいね。

ストック記事とフロー記事

people

ブログに限らず、ビジネス全般の話をしていきますね。ビジネスを安定させるためには、かならず「ストック」を積み上げないといけません。

これは全ての業界に共通しています。

フローのビジネス

例えば、ラーメン屋さんを例に考えていきましょう。

ラーメン屋さんが収益を得るためには、まず美味しいラーメンを作って売ることが第一です。ラーメンが美味しければお客さんも増えるでしょうし、お店の売り上げも伸びていきます。

しかし店主自らがラーメンを作っていては、作れる数、量、質の全てが店主の力にかかってきます。もし仮に店主がいなくなってしまうと、ラーメン屋さんは美味しいラーメンを提供できなくなって売り上げを立てることができなくなりますね。

「美味しいラーメン」は「店主だけしか作れない」この状態を「フロー」ということにします。

ストックのビジネス

つぎに「ストック」の話に入ります。先ほどのラーメン店では「美味しいラーメン」を「店主だけ」しか作れないお店でした。しかしある日体調を崩した店主が「私が死んだらお客さんに美味しいラーメンを提供できない」ということに気づき、店主は自分のラーメン作りを「レシピ」にしました。

そして、そのレシピを18歳の息子に渡しました。

「このレシピ通りにラーメンを作ってくれ」

親父のただならぬ気持ちを受け取った息子は、高校卒業と同時にラーメン店の手伝いを始めます。それから1年後、息子はレシピをもとに親父のラーメンを一人で再現できるようになりました。そして、念願の2店舗目をオープンすることができました。

その頃、ラーメン店の店主は「ラーメンのレシピ」だけではなく「ラーメン店の開業ノウハウ」、「ラーメン店の美味しいスープレシピ」など、自分の経験をどんどんノートにまとめていきました。

そしてそのノートを使って3店舗目、4店舗目。2年後には全国30店舗のラーメン店をオープンさせました。

美味しいラーメンを作っていた店主は、体調を崩したことをきっかけに、自分のレシピ、ノウハウをノートに残し、そのノートを使えば誰でも美味しいラーメン店が開けることを可能にしたのです。

つまり自分がラーメンを作らなくても、売上が上がる仕組みを作る。これがストックの概念なのです。

ブログ、ユーチューブ、ストックフォト・・・デジタルの世界では、競合が多いですが、ストックビジネスは当たり前に活用できます。ストックとフローの仕組みを理解せず、ブログをなんとなく書いてるだけでは、ストックを積み上げているプロブロガーに太刀打ちできるはずがありません。

だから・・・ブログはストック記事を積み上げる必要があります。

ブログのフロー記事とは?

ここで一旦ブログに戻っていきましょう。ブログにおいてのフロー記事とは、一瞬のアクセスを追いかける記事です。例えば「SNSでバズる」や「Gunosy砲」なんかは典型的なフロー状態です。

どんなに知名度がないブログでも、バズるとアクセスが急激に伸びます。私も何度か経験しましたが、例外なく2日後にはアクセスはゼロに戻ります。

バズる記事を追いかけても、あなたのブログに安定的なアクセスが増えることはありません。そしてもちろん収益だって同じです。

ブログのストック記事とは?

ブログのストック記事はいまのところ「検索エンジンから検索される記事」のことです。例えば higashisa.com では「一眼レフ おすすめ」などの記事があります。

検索エンジンで定期的に人が調べるキーワード。今だったら「ゴールデンウィーク関連」のキーワードもそうですね。他にも「SIMフリー携帯 おすすめは?」や「沖縄旅行 おすすめスポットは?」「○○公園 行き方は?」などもストック記事となります。

このストック記事が10記事、100記事、1000記事と積み上がっていけば、ブログのアクセスと収益は安定します。逆にフロー記事は1000記事積み上げても、ブログのアクセスと収益は増えていきません。

どちらもブログ記事としては必要です。ただし、収益性やアクセスを安定させたいのであれば、ストック記事を積み上げる感覚を持っていないと難しくなります。

ストック記事の増やし方は?

ストック記事の増やし方は2通りの方法があります。

1つは「季節キーワード」をまとめた記事ですね。先ほども例に出しましたが「ゴールデンウィーク関連」は毎年2、3、4月になるとよく検索されます。

つまりゴールデンウィーク関連の記事を書いておけば、毎年2、3、4月は過去記事がブログアクセスを運んできてくれます。

じゃあ2,3,4以外はどうするか?何を書けばいいか?それを解決してくれるのがヤフーラーニングポータルです。

参考:Yahoo!プロモーション広告 公式 ラーニングポータル

ブログに何を書いていいのか分からない!という方は、このサイトからキーワードをピックアップして記事を書くだけでも、将来的なアクセスを見込むことができます。

弱者のランチェスター戦略

最近よく聞く言葉ですよね。ついにバレたか・・・って思っているんですが、そうです私のブログは完全に「弱者のランチェスター戦略」を応用していました。

ただし、ランチェスター戦略と内容を専門用語でバチッと説明しても、全然意味がなくて、できるだけ専門用語やランチェスターという言葉を使わずに、フォトブロガーズでは「日本語」で分かりやすく解説していきます。

ストック記事の増やし方は「季節キーワード」の他に、「特定ジャンルの特定ターゲットを想定して書く記事」があります。例えば「一眼レフおすすめ」や「ミラーレスカメラおすすめ」などの記事は、季節キーワード以外のストック記事となります。

こうした記事を増やすことで、ブログの収益とアクセスは安定しやすくなっていきます。

具体的なストック記事の作り方は?

それはメンバーサイト限定でPDFをお渡しします。

「超簡単!3つの手順でストック記事を無限に増やす方法」

みたいなレポートにしています。

この概念と手順を知って、ストック記事の増やし方を学べば、100記事で月間10万PVとか余裕じゃないですかね。

その他大勢がフロー記事を書いてバズることを目標にしているので、ストック記事を月に8記事ぐらい追加していけば、1年後には100記事のストックが出来上がります。

毎日フロー記事を書いて年間300記事を追加するのと比べても、かなり効果は高いです。この考え方を知ると・・・とりあえず記事を書くというのが、いかに効率悪いことが知ってもらえるでしょう。

メンバーの方はぜひぜひ楽しみにしててくださいね。

「超簡単!3つの手順でストック記事を無限に増やす方法」は3ヶ月目のカリキュラムの中でお渡しする予定です。

-マインドセット

Copyright© ブログでウェイウェイ , 2017 AllRights Reserved.