ブログでウェイウェイ

ヒガシーサーのブログ塾

masseage

お金

【お金のなくなる日 貨幣の歴史とこれからの貨幣】は必読!全てを自分に置き換えてみるべし

投稿日:

...震えています。

なにに?これほどまでに素晴らしいまとめを「無料」で読めることに震えています。

このブログは、人生をより良いものにするために「ブログをツールとして使う」ことを教えているブログ塾のメンバーさんに向けて書いてます。SEOとかアクセス数とか完全に無視です。

「ブログをツールにして人生を豊かにする。」その全ての意味と理由が今回シェアするコチラにまとめられています。

【お金のなくなる日〜貨幣の歴史とこれからの貨幣〜】

このスライドシェアは、フェイスブックやツイッターでシェアするだけではもったいないと思う。しっかり自分に置き換えて、ブログを運営しているなら自分のブログに置き換えて実践する必要があります。

ということでまずは読んでみましょう。

ブログを書いてる人が応用すべきこと

【お金のなくなる日〜貨幣の歴史とこれからの貨幣〜】に書かれている内容は、全て腑に落ちるところまで読んで考えて実践すべきですが、まず最初になにを考えなければいけないか。私はコレでした。

「所属、承認欲求を満たす方法として、多様化、個人化、肯定化を満たすビジネスを考えること。」

まずここから。コレなしには前に進めない。

ブログ塾で繰り返し言っていたことの明確化

これまで私自身もどう言語化していいのか分からないまま「繋がることが目的、収益を稼いだ先が目的、地域で活躍することが目的」と繰り返し再三言ってきました。

その理由と、なぜ自分がそういう考えに行き着いたのか。その根本的な「なぜ?」というところを自分なりに言語化することができた。ひゃほーい!!

私は5年間社会的な生き方を失いながら生きるだけのお金を稼いできたけど、本音はお金じゃなくて「承認・所属欲求を満たすための多様化、個人化、肯定化」を求めてきた。

その時毎日思っていたことが「誰か認めてー!繋がらせてー!」という悲痛な叫びだった。いまもあるけど。

知識としてマズローの欲求5段階説を知っていたとしても、自分自身の人生に落とし込むことができていなかったら、やっぱり意味がなかった。

もうほんとに目からウロコというか。自分自身で、ヒガシーサーお前はそういうことを言っているんだよなと自分自身で納得しちゃいました。

そうなんです。ほんとそれ。

自分自身の経験に当てはめてみる

私は2012年に脱サラして、子育てを5年間してきました。いまももちろん継続中ですが、ようやくリハビリ的に外に出られるようになりました。

その間、ネットでお金を稼ぐことはしていたし、好きなこともできていた。それでも心が満たされない。体を壊して入院する。どこかバランスが崩れていると常に感じていたんです。

生存欲求は満たされているはずのに、承認欲求が満たされてないもんだから、その狭間で両方のバランスを崩してしまうという悪循環に陥ってたんですね。

だから今コミュニティを運営していたり、所属したいと思えるコミュニティに顔を出したりするようになった。この経験があって「お金に変わるもの」を求めるようになり、その答えが「地方で活躍すること」にあるのかもしれません。

地方で活躍と一言で言っても色んな要素がありますが、まずは「お金と信用を同時に稼ぐ」ことが大事。と思っていたけど、それは誤りで「信用を稼げばどうにでもなる」という結論にたどり着きます。

なんていうか雷ドーン落ちましたね。あっそこに向かえば良いんだ。と。

ブログ塾で教えていることは時代に間違っていない

繋がることにお金を払ってもらうところは、いま少し違和感を持ち始めていますが、その部分はメリットのあるノウハウを提供するところでバランスを保つようにしています。

でも将来的にそこは価値のバランスが崩れて「繋がること」が大きな価値に変わっていくでしょう。そのタイミングでノウハウは無料化すべきだなと思います。思いますがそれはまた上位のレベルで今の私ができることではない。そこを目指しつつ、まずはみんなの人生を応援すること。

コミュニティに入り込むメリット

どのコミュニティに所属するか。それを選ぶことは最早意味がない。大事なところは「あらゆるコミュニティに出入りできる自分」を作っていくことだと思う。

「承認・所属欲求を満たす方法として多様化、個人化、肯定化を満たす。」

そうであるならば一つのコミュニティに所属する方法を考えるのではなく、どんなコミュニティにも出入りしてもいいと思える自分を作ることが大事なのかもしれない。

もし自分自身をそう思えたなら、どこに行っても所属・承認欲求を満たせるから。そして所属するコミュニティがそれを認めていることも大切です。

会社であれば副業禁止や、他の会社に所属することを禁止している組織形態は危ういと思う。選ぶのは会社ではなく個人である。個人が所属したいと思えること。所属しても自己の承認欲求を満たせることが重要かもしれない。

オンラインコミュニティもそうですよね。私もみなさんに言っていますが「出入り自由」といつも言っています。全然辞めてもいいし、辞めても関係性は崩れないし、ほんとにメリットがあることだけ学んでくださいねーと伝えています。

コミュニティは大小問わずあらゆる場面で生まれてきますが、これからは「出入りできる自分」を作っていくことがいちばん大切だなと。

ここ言語化できたのはスゴイ成長!ありがとう!

お金は数字ではなく個人に切り替わる

もうすでにその時代は来ていますよね。

ブログでウェイする会も「月額3000円という貨幣」を頂くことで成り立っていますが、私がみなさんに貨幣を支払ってもらうには「信用」が先にないと成り立たないはず。

クラウドファンディングのプロジェクト単位でお金を集められるか否かは結局「信用」をどれだけ集められるかというところですから。

そのために「ブランド」を作る。ブランドを作るための「仕組み」をブログで作ろうとしつこく言っています。

個人というこれ以上切り分けられない最小単位へ「信用の判断基準」が切り替わる時代。これはもうある種、貨幣経済の崩壊かもしれません。いや新しい貨幣の創造?

ちょっとそこまでは私の知識不足で認識できていませんが、いまは無意識的にみんな「信用に貨幣を支払って生活している」はず。これが「信用に信用で支払って生活する」ようになれば、それはもう貨幣経済が信用へと切り替わったことになるんじゃないかな。

まとめ

これからブロウェイメンバーさんがやるべきことは、ブログを使って仕組みを作ることです。

収益化ではなく、仕組みで収益化する。そのためにはブランドを作って、ファンを増やすことです。ブランドとファンは「信用残高」を増やさないと決して増えていきません。

私が今まで伝えていたのはここまででした。でもその先にもっと大事なことがあって、今回はそのことをはっきり「言語化」することができました。

それは「どんなコミュニティに出入りしてもいいと思える自分を作ること」です。

ここを目指してもらいたい。私も一緒に目指します。そしてブログの仕組みを作っていればできます。それも容易に。

著者 山口揚平さんのオススメ書籍

今回のスライドシェアをまとめてくださったのは山口揚平さんです。ぜひ皆さんもツイッターでフォローして最新情報をゲットしましょう。

山口揚平(@yamaguchiyohei)さん | Twitter

そして山口さんは多数の書籍を執筆されていらっしゃいます。その中でもブロウェイのメンバーさんにオススメしたい書籍がコチラです。

2015年に出版されている書籍ですが、私も改めて読み返しました。今回のスライドシェアを読んでから読むと一層深いところで理解できると思います。ぜひ読んでみましょう。

いま朝の4時からスライドシェア読んで、6時前にこの記事を書き上げましたが、もう今日は仕事終わろう。満足しています。山口さんありがとうございました。これからも応援していますし、学ばせてください。

-お金

Copyright© ブログでウェイウェイ , 2017 AllRights Reserved.