ブログでウェイウェイ

ヒガシーサーのブログ塾

マーケティング

やってみようかな?アイデアから2日で出版できちゃう時代で足踏みしてる暇はない

投稿日:

アイキャッチでけーよw

先日Kindleにて「99%のブロガーが知らない月50万円稼ぐブログの仕組みづくり〜ジェームスの物語〜」という書籍を出版しました。その裏側の意図はいくつかあって、それはコミュニティでシェアしていこうと思います。

この記事では「やってみるといいんじゃないですかね」という一点を伝えたくて書いてます。

きっかけはプロブロガーさんの書籍だった

私が電子書籍出版しようかなって思ったのは、友人であるヨスさんの書籍を拝見してからでした。それが5月6日ごろだったと思う。ブログについて本当に重要な事が書かれているので一読することをオススメします。

そして書籍を拝見したあと、私はこう思いました。「ヨスさんが伝えたい事はもっともっと濃いはずだ!」と。

それからですね・・・そういえば私も伝えたいことを電子書籍化してみるかと思ったんですね。

最初の叩き台は5月7日

叩き台

もともとブログに掲載していた内容を電子書籍化するだけだったので、すぐにやりました。そして色々端折りますが最初にKindleから発売開始したのは5月9日でした。

この時点で実はAmazonで買えるようになっていました。

違和感だらけの書籍化

ブログと書籍は情報の伝達力が全然違うなと思いましたね。まず書籍化されたストーリーをiPhoneで読んでみたけど、それがまぁー薄いこと。

内容も修正加筆したし、いろいろ細かい設定も追加しました。それでも全然だったんですね。

その「読みにくさ」と「読みやすさ」は体感なんですが、伝えたいことが伝わらないなと感じて、いろいろ修正していたんですが、反映されるのが遅くて・・・結局5月11日に販売を停止しました。

誤字脱字も多いけどスピードを重視した

ここからは修正を繰り返して、原稿をどんどんブラッシュアップしていきました。読者さんに余計な手間を取らせないように、別途資料をジェームス用に書き直して挿入したり、エピソードを追加したり。

もともとの内容はブログで公開していたものですが、書籍で出来上がったものは、ストーリーの流れが出来上がっていて、最初から最後まで違和感なく読めるようにしました。

それで絶対に金曜日には出したいと思ってました。なぜなら・・・土日は家族と遊びたいから(笑)

流れって大事

本を書くことで分かったんですが、少しでもストーリーに違和感があると世界観に引き込めない。

そこは肌感なんですが、私も自分で読んでる内に何度も意識が離脱しました。そこはもう誤字だったり、ストーリーが繋がっていなかったり、色んな要因があると思います。

正直いま出版している内容のラストシーンも個人的には「ちょっと無理矢理で言葉足らず」だと思っています。

それでも出版した理由は何か?

もともとは無料配布の予定だった

これが問題。最初から本書は無料配布の予定だったんです。Kindleでそれが出来ると思ってスタートしたんです。ブログを読んでくれてメルマガに登録していただいた方へお配りする小冊子のノリでした。

でも結局それが出来なくて、結局99円で出版。

無料で配布ができないことを知り、それじゃあもう少し内容を充実させよう。99円で安い!と思ってもらえるような内容にしようということで、修正加筆を行いました。

本を売るのは難しくない

それで今回書籍を出版することになったんですが、5月7日に書き始め、5月9日にKindleで販売、5月11日時点で現原稿をアップし、12日の2時には審査が通って販売開始。午前6時にメルマガ、ブログ、SNSで告知。

その間、いろいろ不手際が目立って多くの方にご迷惑をおかけしてしまいましたが、結果的に「気になる気になる」が拡散されて、平日の中途半端な11時という時間にも関わらず多くの人に買って頂きました。

以下はスクショです。

憧れの「人気ラベル」や「ベストセラー1位」みたいなラベルが貼られたときは「あれ?こんなんでいいの?」という気持ちと「ほらな」という気持ちが入り混じって大変でした。

ブログとメルマガの効果は偉大

実際本を発売したのは5月9日です。その時点でAmazonではずっと買える状態でした。それから販売中止をしたのは5月11日だったと思います。つまり9日〜11日までは普通に買えたんですね。

でも1冊も売れなかった。

それから告知をした5月12日は一気に総合ランキング29位まで伸びました。ビビるよね。なんかカテゴリーで1位とか色々取ってるし。

内容が伴っているかどうかはさておき、ブログとメルマガがあれば本を買ってもらうのは難しくない。その結論を出すためのテストが予想以上の結果で返ってきました。

出版社に企画を持ち込む名刺が作れた

皆さんのおかげで「99%のブロガーが知らない!月50万円稼ぐブログの仕組みづくり〜冴えないブロガー ジェームスの物語〜」はベストセラー扱いされました。

99円だし、タイトルとか釣ってるので、純粋な内容でそうなったとは思いません。そもそもコレ、エンタメですし。読んだあとに「安い」「面白い」と思ってもらえたらそれでいい。

じゃあ次は「次回作の本編をKindleで出して儲けるか、出版社を通してドラマ化まで進めるか(笑)」というところですよね。

私はもっと勉強したいと思うので、いまのところ出版社さんに企画を持ち込んで、もし通ったら色々学ばせてもらいながら出版までこじつけれたらなーと考えています。

まとめ

「やってみようかな?」→「やってみたよ」→「この後どうしよっかな?」の繰り返しだなーと改めて思います。

アイディアから2日で出版できる時代。でもでもただ出版しても売れない。売るためにやるべきことはいっぱいある。

それは全部「やってみないと分からなかった」んですよねー。

やってみるってほんと大事や。

-マーケティング

Copyright© ブログでウェイウェイ , 2017 AllRights Reserved.