ブログでウェイウェイ

ヒガシーサーのブログ塾

camera

https://higapress.com

オンラインサロン

ブログアクセスアップに欠かせないキーワード戦略とは?ブロガーの本音

更新日:

そもそもブログのキーワードってなに?

インターネット上のキーワードは無数にありますが、ブログで考えておきたいキーワードとは「検索される言葉」のこと。

検索される言葉と検索されない言葉はどんな違いがあるでしょうか?例えば2つの例を考えてみよう。

タイトル1「スマートフォンがアレだった話」

はいさいヒガシーサーです。今日はスマートフォンでアレしてみました。
やっぱりアレは、一眼レフには遠く及ばないですね。
でも撮り方を工夫するとかなり良いアレになります。
スマートフォンは色々あるけど、やっぱりあのスマートフォンは使いやすいですね。

タイトル2「iPhone 6sと一眼レフで写真を撮り比べた結果は?」

はいさいヒガシーサーです。今日は iPhone 6s と 一眼レフで撮った写真を比べてみました。
やっぱりiPhone6sは、一眼レフには遠く及ばないですね。
でも撮り方を工夫するとかなり良い写真になります。
スマートフォンは色々あるけど、やっぱり iPhone が一番使いやすいですね。

ブログのキーワードとは検索される言葉

どっちが分かりやすいか?そこを考えてみよう。

 
スマートフォンってどの機種のこと?アレってなに?
 
おんなじ事を紹介していてもキーワードが変われば、意味も内容も読みやすさも変わってくるんだよ。

ブログのキーワード戦略とは、簡単に言うと「検索される言葉」を記事にすることだ。上記の例では「スマートフォン」と「iPhone6s」の違いだ。ブログは必ず検索される言葉を使うことがブログのキーワード戦略の第一歩なのだ。

キーワードに必要な考え方

それでは今回はリアルの世界に置き換えて考えてみよう。ブログはリアルの世界で言うと「個人経営のお店」である。現実の商売はとてもシビアで、お店は何を売っているか、何が他と違うかを明確にしないとお客さんは入ってこない。ハンバーガーショップの例で説明する。

エムドナルドのハンバーガー

food

エムドナルドという人気のファーストフード店の話。ハンバーガーとポテトが有名で、子供連れのファミリー層をターゲットとしているファーストフード店だ。

店内には子どもたちが遊ぶ場所、おまけのおもちゃなどがあり、ドライブスルーも便利で子連れ層に人気があった。

オープン当初はハンバーガーだけだったが、後にチーズバーガーやビッグエムなどの新しいハンバーガーをどんどん開発してお客さんの心を掴んできた。

またラッキーセットと言われる子供向けのお得なセットには、玩具のトミレールやプチキュアなど、男の子用、女の子用のおもちゃがおまけで付いてきて、とても人気がある。

ブログに置き換えてみよう

work

このエムドナルドのビジネスモデルをブログに落とし込んでいこう。

  • ブログコンセプト:ファミリー層向けのハンバーガー
  • ターゲット:小さいお子さん連れの30代前後の家族
  • キラーコンテンツ:ハンバーガーとポテト
  • ブランディング:ラッキーセットのおもちゃと、ハンバーガー

これがエムドナルドでした。

 
エムドナルドはハンバーガーがあっておもちゃがある。

読者がアレ?って思う瞬間

food

エムドナルドは明確なターゲットと、他と違うスペシャルがあった。しかしある日突然こんなことが起こった。

「エムドナルドはお子様用のベビーカーを販売しています。」

 
えっベビーカー?

ファミリー層が多いということで、エムドナルドは店頭でベビーカーを販売し始めた。もちろんファミリー層をターゲットにしているのでジャンル的には問題ないかもしれない。しかし実際のファーストフード店でベビーカーが売られてるとどうだろうか?

お客さんは少し違和感を感じていたが、立て続けに今度はこんなものまで販売し始めた。

「エムドナルドは介護用おむつを販売します。」

 
えっ介護用おむつ?

と思ったら次は「介護用のおむつ」を販売し始めた。ここでお客さんは困惑した。ファーストフード店なのにベビーカーと介護用おむつを販売している。

 
これは面白い。これからも通い続けよう。

とお客さんは思うか?

ゆりかごから墓場までをコンセプトにした

お店のテーマは「ファミリー層が楽しいハンバーガーショップ」から「ゆりかごから墓場まで面倒を見るハンバーガーショップ」になったようだ。

お客さんはそんなエムドナルドを見てどう思うか?

「ベビーカー」と「介護用おむつ」を売っているハンバーガーショップか。面白いからファンになろう。

という人は少ないはずだ。

お客さんはハンバーガーとポテトを期待している

food

ハンバーガーを食べるために来店したのに、レジにはベビーカーと介護用おむつが売られている。

あなたが期待したハンバーガーとポテトももちろん売っている。

しかし、どう思うか?

 
最初は良かったけどなんか違うよね。

エムドナルドは閉店に追い込まれた

エムドナルドは志があった。それは育児と介護に苦しんだ経営者の想いがあり、少しでも育児が楽になるように、子どもを連れて遊びながら食事を済ませられる場所を提供したかった。

それが当初のエムドナルドだった。

しかし経営者の両親は、介護が必要となり、その介護に携わる中で介護の大変さを味わった。そこで経営者の想いを店舗に反映しようと「ベビーカー」と「介護用おむつ」を販売し始めたのだ。

しかしお客さんが離れてしまい、売上が上がらなくなったエムドナルドは閉店に追い込まれてしまった。創業者の想いを反映してしまったことでファンが離れてしまったのだ。

ブログは自由である。

kids

ブログは自由の場だ。それは間違いない。

想いや理想を表現する場所と言ってもいい。しかし、ブログのレシピを作らないとこういうことが起こってしまうのだ。

コンセプトもいい。内容もいい。ターゲットも完璧。しかし、ちょっとした変化が違和感になることもある。

それを知っておかないと、あなたのブログにファンは作れない。

でもプロブロガーは好きに書いてるよ

もちろん好きに書くのも一つの方法だ。プロブロガーの例はそういう事のほうが多い。

でも彼らのブログをよく見てみよう。最初の内は好き勝手にキーワードを選んで書いてるわけではなく、しっかり検索されるキーワードを選んでブログ記事を書いてるはずだ。

そしてアクセスが伸び、ブロガーとして認知された段階で、自分の書きたいことを書き始める。

そういうことが書けるように、最初はキーワード戦略をしてブログを育ててきているのだ。

なぜこうなったか?

people

そもそも、ブログはいつから好き放題書いてオッケーになったのか?

その原因は「アクセスさえあればいい」という考えが根底にあるからだ。

もともと売るものを持っていないブロガーは、なんでもいいから「アクセス」を集めて広告収入を得ようとする。

誰でも書けるような記事を、とにかく量産するというノウハウが多い。

芸能ネタにアクセスが集まるというノウハウが出回れば、一斉に芸能ネタを扱うブログが増える。

お花見、GW、七夕などの季節イベントキーワードで資産ブログを作ることができる!というノウハウが出回れば、一斉に季節ワードを扱うブログが増える。

再現性が高い。実績がある。

それを売り物にして先行者たちは情報を販売するから、同じ手法、同じブログが大量に出来上がるって寸法だ。

そうしてノウハウを切り売りして、自分達のライバルを増やして、市場が飽和した時にはノウハウを売ったお金で次のステージに進む。それが情報発信の基本ビジネスだ。

きっと次は「地方キーワードを攻略して地方貢献型資産ブログを作ろう」みたいなノウハウが広まるだろう。いまそのムーブメントがきているから。

悪いことではない。むしろ正しい。

ここで言いたいのは、そうした手法が悪いことではないということだ。

検索エンジンや読者ニーズを的確に捉えることで、実際にアクセスを集めて収益を得る。これは立派なビジネスだと思うし、再現性も高いので非常に効率が良い

アクセスを集めて広告収入で稼ごう。

顔出しも、在庫も、リスクもありません。

ブログで夢をつかもう。

こういうのはキャッチコピーと同じ。「唸るのどごし最高のビール」のようなものと同じだ。

そのコピーに惹かれた素人たちがブログの価値も知らずに、ただアクセスを集めることに固執し、最終的にはどこもかしこもエムドナルドのようになってしまうのだ。

ブログレシピ、キーワードレシピを徹底する理由

ブログの本当の価値はソコじゃない。

「アクセスを集めることが正解」と思ってることから正す必要がある。そもそもアクセスがないと稼げないなんていうビジネスは事業的に失敗してる。

2016年下半期はPV数が役に立たないという空気が市場を包むことになる。というよりも、みんなちゃんとビジネスしようぜっていう流れがくると思う。

そういう時代で未だに芸能ニュースだったり、季節キーワードを攻略してても...「あっまだそれやってるんだ」で終わるだろう。

ブログの価値はアクセスを稼ぐことではない。

ブログの価値は

「何者でもなかったあなたが、何者かになれる」

ことだ。

そうでなければ、個人が情報発信する意味がない。芸能ニュースや誰でも書けるものは週刊誌に任せておけばいい。

ブログを小遣い稼ぎに使いたいなら、やめておいたほうがいい。転売ビジネスのほうが楽だし儲かる。

キーワードレシピは?

2ヶ月目のカリキュラムに「基本のキーワードレシピ」を追加した。ぜひ参考にして欲しい。

さて、ここでもう一度考えてみよう。

あなたのブログは何を売ってますか?

あなたのブログを見に行けば、何が手に入りますか?

連想ゲームの答えが1秒で出てこないのなら、あなたのブログは再設計する必要がある。

というところから「ブログで使うキーワード」、「あなたが何者かになりたいキーワードは何か?」を考えていきましょう。

-オンラインサロン

Copyright© ブログでウェイウェイ , 2017 AllRights Reserved.